カテゴリー別アーカイブ: 季節の話題

新緑の我孫子 エゾムシクイのさえずり

yio美しい新緑が目にまぶしい頃になりました。多くの野鳥にとっては、4月頃からちょうど今頃をまたいで7月頃までが、巣作りと子育てをする、いわゆる繁殖期です。
すでに多くの鳥が繁殖に入っていますが、日本でこれから繁殖するために南から渡って来る鳥も続々と到着しています。またもっと北で繁殖するために通過してゆく鳥もいます。
今日は、我孫子の山階鳥類研究所の裏山で、エゾムシクイが囀っていました。
【音声】エゾムシクイの囀り(途中自動車の音が入ります)(2013年5月10日 山階鳥研裏手、約1分)

エゾムシクイはスズメよりも小さくて外見はウグイスに似た、オリーブ色のとても地味な鳥ですが、「ヒーツーキー、ヒーツーキー」とやや金属的な響きのする美しい声で囀ります。この鳥は、サハリン、北海道の森林や、本州北部、四国などのやや標高の高い森林に渡来して繁殖するいわゆる夏鳥で、関東地方では、5〜7月ごろに、たとえば奥秩父や奥日光などでさえずりが聞けます。
今日、裏山で鳴いていたエゾムシクイもこれからもっと北であったり、もっと標高の高い場所にある森林の繁殖地を目指して移動の途中に立ち寄ったものでしょう。このエゾムシクイに限らず、ゴールデンウィーク前後の渡りの時期には、普段その地域では観察できない鳥の種が通過してゆき、また今回のように美しい囀りを聞かせてくれることもあるので、思いがけず得をした気持ちになるものです。

(注) 外国から渡り鳥が飛んでくると聞いて、鳥インフルエンザを運んでくるのではと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、特にエゾムシクイを含む陸棲の小鳥類については、鳥インフルエンザウィルスに対する感受性がきわめて低く、鳥インフルエンザとは基本的に無関係なものと考えられています。
「高病原性鳥インフルエンザ ツバメの営巣・えさ台の小鳥は心配いりません」もご覧ください。
山階鳥類研究所の「鳥インフルエンザ」トップページはこちらです。

桜咲きフクロウ鳴く春の我孫子

oshima_zakura_s2_3初夏のように暖かだったり、花冷えという言葉がぴったりの寒さだったり気温がまちまちで毎日何を着てでかけようか困りますね。
さて、先週金曜日の20時半すぎごろ、山階鳥類研究所の近所でフクロウが鳴いていました。
【音声】フクロウの声(風で木立がそよぐ音が入っています)(2013年3月29日 我孫子市内、1分15秒)

フクロウは日本全国で周年生息するいわゆる「留鳥」です。「ホウホウ、ゴロスケホウホウ」という声は、「五郎助ほうほう」だったり、「ぼろ着て奉公」「糊付け干せ」など、いろいろな「聞きなし」が全国にあり、農村地帯では昔からとても身近な存在だったのでしょう。
「ゴロスケホウホウ」と鳴くのは雄で、繁殖期が始まった1〜2月には鳴き始めます。フクロウがこうやって繁殖するのは餌のノネズミ類(人家のネズミとは別の種類です)や小鳥類が多く、営巣環境である大木のある、一言で言えば豊かな里山が保全されているしるしです。我孫子周辺でも、山階鳥研が移転してきてまもない20年ほど前には何カ所かフクロウの声の聞こえる場所がありましたが、近年だいぶ減ってしまいました。夜の木立から聞こえてくる威厳のある太い声を聞くと、日本人がいろいろな聞きなしをして親しんできたこの声を、次の世代のこどもたちも普通に聞いて育つことができる環境が守られることを願わずにはいられません。

関東南部でもう一種類声が聞かれるフクロウの仲間、アオバズクの話題はこちらです。

お花見ランチ

ohanami_lunch_s今日はあいにく小雨が降って寒いですが、お彼岸もすぎてこのところ過ごしやすい陽気になってきました。
昨日の我孫子はよい天気でした。画像は2階のベランダから見える中庭のオオシマザクラです。職員が誘い合ってお花見ランチを楽しんでいました。

虹!

rainbow02日本鳥学会100周年記念大会が終わったところですが、息つく暇もなく、この週末9月23日(日)の、山階芳麿賞贈呈式・受賞記念講演と財団設立70周年記念シンポジウムの直前準備に追われています。
一日中ばたばたと細かい打合せなどをしていましたが、夕方、虹が出て、疲れを癒してくれました。何かいいことあるかな?
※9月23日の催しの申込は終了しています。申し込まれた方は参加票を忘れずご来場ください。お待ちしています。

目には青葉、アオバズク渡る我孫子

aoba残業のため我孫子駅までのバスがなくなり、住宅地を歩いて駅までの夜道を急いでいると、ホウ、ホウ、・・という声がかすかに聞こえます。
声をたよりに探してみると、住宅に囲まれた緑地でアオバズクが鳴いていました。
【音声】アオバズクの声(2012年5月23日 我孫子市内)
アオバズクは名前のとおり、青葉の頃に東南アジアなどの越冬地から日本に繁殖のために渡ってくるフクロウの仲間です。体の大きさはハトくらい、チョコレート色の体に黄色い目をした鳥です。我孫子では、地元、我孫子野鳥を守る会のシンボルバードで、同会の会報「ほーほーどり」はこの鳥の地方名にちなんでいるそうです。
ただ、我孫子周辺でも緑が減少し、以前はアオバズクが繁殖していた場所でも繁殖がなくなってしまったところが多いと思います。この個体も、越冬地から日本に到着したあと、繁殖地までの移動の途中で小さな緑地に立ち寄ったものでしょう。