蔵書」タグアーカイブ

献本ありがとうございます。『日本書紀の鳥』

著者から出版社を通じてお送りいただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

山岸 哲・宮澤 豊穂 著
『日本書紀の鳥』

京都大学学術出版会, 京都. (2022年5月15日発行, 294ページ. 2,420円 (本体:2,200円). ISBN-978-4-8140-0405-8)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます。『探す、出あう、楽しむ 身近な野鳥の観察図鑑』

出版社を通じて著者から広報にお送りいただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

樋口広芳(監) 髙野丈(著) マツダユカ(マンガ・イラスト)
探す、出あう、楽しむ 身近な野鳥の観察図鑑

ナツメ社, 東京. (2022年3月17日発行, 384ページ. 1,650円 (本体:1,500円). ISBN-978-4-8163-7167-7)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます。『となりのハト 身近な生きものの知られざる世界』

出版社を通じて著者から広報にお送りいただきました。山階鳥研が取材に協力しました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

柴田佳秀(著)
『となりのハト 身近な生きものの知られざる世界』

山と溪谷社, 東京. (2022年3月19日発行, 224ページ. 1,485円 (本体:1,350円). ISBN-978-4-635-06310-4)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます。『散歩道の図鑑 あした出会える野鳥100』

出版社を通じて著者から広報にお送りいただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

著者: 柴田佳秀(文) 菅原貴徳(写真) piro piro piccolo(イラスト)
『散歩道の図鑑 あした出会える野鳥100』

山と溪谷社, 東京. (2022年3月19日発行, 192ページ. 1,760円 (本体:1,600円). ISBN-978-4-635-06306-7)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます。『我孫子野鳥を守る会創立50周年 手賀沼の鳥IVー人と鳥との共存をめざしてー』『手賀沼の鳥 探鳥ガイドブック』

創立50周年を迎えた「我孫子野鳥を守る会」より、山階鳥研にご寄贈いただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

手賀沼の鳥IV編纂事業部会(編)
『我孫子野鳥を守る会創立50周年 手賀沼の鳥IVー人と鳥との共存をめざしてー』
我孫子野鳥を守る会, 千葉. (2022年3月1日発行, 244ページ.)

創立50周年記念事業実行委員会(編)
『手賀沼の鳥 探鳥ガイドブック』
我孫子野鳥を守る会, 千葉. (2022年3月10日発行, 72ページ.)

→ 我孫子野鳥を守る会 ウェブサイト

献本ありがとうございます。『人と動物の日本史図鑑⑤昭和時代後期から令和時代』

出版社を通じて著者から広報にお送りいただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

小宮輝之(著)
『人と動物の日本史図鑑 ⑤昭和時代後期から令和時代』

少年写真新聞社, 東京. (2022年3月10日発行, 48ページ. 2,750円 (本体:2,500円). ISBN-978-4-87981-747-1)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます。『野鳥撮影記 Description of Wildbird photography』

著者から広報にお送りいただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

野鳥撮影記

私市一康(著)
『野鳥撮影記 Description of Wildbird photography』

ナチュラリー, 札幌. (2021年12月25日発行, 144ページ. 3,850円 (本体:3,500円). ISBN-978-49910736-2-5)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます。『イラスト図解 鳥になるのはどんな感じ?』

出版社を通じて監訳者から広報にお送りいただいた書籍です。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

デビッド・アレン・シブリー David Allen Sibley(著)川上和人(監)嶋田 香(訳)
『イラスト図解 鳥になるのはどんな感じ? 』

羊土社, 東京. (2021年12月9日発行, 240ページ. 3,740円 (本体:3,400円). ISBN-978-4-7581-2115-6)
→ 版元ページはこちら

平岡専門員と森本研究員が分担執筆した『ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ』が出版されました。

所員の著書をご紹介します。

「冬の平地で出会いたい3大小鳥」(本書の記事による)というジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキについて、基礎知識とともに、最新の知見に基づいた生態や、観察・撮影の楽しみまでを紹介したムックです。平岡考 専門員が「ヒタキ科」の分類の変遷についての章を、森本元 研究員が鳥類の垂直分布についての章とルリビタキの羽色変化についての章を担当しました。

是非書店でお求めください。各販売サイトでもご購入いただけます。

<書籍情報>
書名: BIRDER SPECIAL ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ
編集:BIRDER編集部
発行:文一総合出版 版元サイト
判型/頁:B5判/80頁
発行日:2021年12月8日

*山階鳥研ウェブサイト「所員の著書」ページもあわせてご覧ください。 → こちら

鶴見コレクションディレクターと森本研究員が分担執筆した『日本野鳥の会のとっておきの野鳥の授業』が発行されました。

所員の著書をご紹介します。

日本野鳥の会が発行している会員向け雑誌「野鳥」から近年の記事をベースにして、約20編の幅広い話題が掲載された1冊です。 様々な分野の研究者十数名が分担執筆しています。山階鳥類研究所からは、鶴見みや古 コレクションディレクターが鳥の巣に寄生するダニについての章、森本元 研究員が鳥の羽の色に関する章を担当しています。

是非書店でお求めください。各販売サイトでもご購入いただけます。

<書籍情報>
書名: 日本野鳥の会のとっておきの野鳥の授業
編集:日本野鳥の会
監修:上田 恵介
発行:山と溪谷社 版元サイト
判型/頁:A5判/216頁
発行日:2021年12月1日

*山階鳥研ウェブサイト「所員の著書」ページもあわせてご覧ください。 → こちら