7月19日(火)は一斉休業します


kiboshikamikiri
本年も、夏季の節電対策として、山階鳥研は、照明、空調の使用抑制等に加え、通常は職員がそれぞれの都合で取る夏期休暇のうち2日間について、一斉休業し、その一回目を 7月19日(火)に実施します。ご関係の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご承知おきください。

「夏季一斉休業のお知らせ」はこちらです.

NHK「ダーウィンが来た!」で小笠原聟島のイチローとユキの待望のヒナのようすが!(7月17日(日)夜)/NHK BSプレミアムでは、戦前の鳥島にアホウドリが群れるようすが!(7/18(月)夜)


聟島のヒナ(1)_山階鳥研提供_ブログ用
こんどの日・月とアホウドリに関心がある皆さんには見逃せない番組ふたつをお知らせします。

ひとつは今週末の日曜日、7月17日(日)放送のNHK「ダーウィンが来た!」です。「ダーウィンが来た!」では、アホウドリの「小笠原再導入」のプロジェクトに当初から密着し、何度も取り上げてくれていますが、今回は、小笠原諸島聟島(むこじま)で、人の手で育てられたアホウドリ「イチロー」と野生の「ユキ」のつがいに生まれたヒナの、巣立ちに至るまでの様子が放送されます。

この「小笠原再導入」プロジェクトは、アホウドリの一層たしかな復活のため、山階鳥研が、アメリカ合衆国魚類野生生物局や日本の環境省などと共同で、アホウドリが昔生息していた小笠原にもういちど戻ってくるよう、2008年から5年間、現在の繁殖地の伊豆諸島鳥島から聟島に合計70羽のヒナを移送して育てたものです。「イチロー」は2008年、つまりこのプロジェクトの最初の年に移送され、巣立ったヒナです。プロジェクトのこれまでを振り返りながら、プロジェクトの飼育地だった聟島で初めて、人工飼育個体から生まれたヒナの成長を、ご家族みなさまでご覧ください。

NHK総合「生き物新伝説 ダーウィンが来た!」
第467回「悲願達成!? アホウドリ移住計画」
【放送日時】2016年7月17日(日)19:30〜19:58
【再放送】2016年7月19日(火)16:20〜16:48
山階鳥研のアホウドリのページ「アホウドリ 復活への展望」はこちらです。
番組公式ウェブサイト(外部サイト)はこちらです。
* 写真は、5月13日に聟島で撮影された巣立ち直前のヒナのようすです。

 

この翌日、7月18日(月)のBSプレミアムでは、俳優の池内博之さんが、アホウドリの世界最大の繁殖地である伊豆諸島鳥島を訪ねます。鳥島には、江戸時代に何組もの漂流民が黒潮に流されて漂着しています。中にはアホウドリを食べて何年も生き延びて生還した例もあるのです。この番組は、江戸時代の漂流記を手がかりに、池内さんが鳥島を訪ねるドキュメンタリーで、

この中で、山階鳥研の創立者、山階芳麿が1930年に撮影した、鳥島のようすの短い動画が紹介されます。戦後、絶滅してしまったらしいと発表される以前の、アホウドリが激減はしていたものの、まだ推定で2000羽いた頃の動画として極めて貴重なものです。番組の内容について細かい情報はいただいていませんが、現在でも山階鳥研の研究者が毎年調査に訪れている鳥島がどんなところか、アホウドリの保護活動の報道とは違った視点からの紹介もあるかもしれません。関心がおありの方はこちらもぜひご覧ください。

池内博之の漂流アドベンチャー 黒潮に乗って奇跡の無人島へ(NHK BS プレミアム)
【放送日時】2016年7月18日(月)21時00分~22時29分
番組公式ウェブサイト(外部サイト)はこちらです。
「鳥島ウォーカー」はこちらです(山階鳥研のアホウドリのページ「アホウドリ 復活への展望」から) 

上田恵介・立教大学名誉教授に山階芳麿賞を贈呈しました/東日本地区賛助会員の集いを開催しました


prof_ueda_award_presentation7月13日、霞会館(東京都千代田区)で、東日本地区賛助会員の集いを開催し、総裁秋篠宮殿下のご臨席をあおぎ、なごやかに歓談のひとときを過ごしました。

賛助会員の集いに先立ち、第19回山階芳麿賞贈呈式を開催し、上田恵介・立教大学名誉教授に秋篠宮殿下から山階芳麿賞を贈呈しました。

この日のもようについては、広報紙「山階鳥研ニュース」9月号でご報告します。

※ 多くの皆様に賛助会員になっていただけるようお願いしています。入会については「ご支援のお願い」をご覧ください。
※ 「山階鳥研NEWS」についてはこちらをご覧ください。
※ 上田恵介・名誉教授への山階芳麿賞贈呈についてはこちらをご覧ください。
※ 山階芳麿賞記念シンポジウム「子を他人に預ける鳥、カッコウ類研究の最前線」(9月24日(土)東京)で上田・名誉教授の研究に触れてみませんか?

7月のテーマトークは「鳥にまつわる法律のハナシ」(7月9日(土))です


040416_0640

山階鳥研のある千葉県北西部は、雨はそこそこ降っていますが、大雨が降ったり、来る日も来る日も雨ばかり、ということはなく、むしろ雨がそんなに多くない印象です。皆様のお過ごしの地域ではいかがでしょうか。

山階鳥類研究所の所員が我孫子市鳥の博物館でトークをする、第2土曜日恒例の「テーマトーク」、今月は、7月9日(土)の開催です。千田万里子・保全研究室専門員に、鳥にまつわる法律ついて話してもらいます。

日本の野鳥は法律で守られていて、勝手に捕まえたり飼ったりすることができません。では、渡りの調査のために捕まえて足環をつけている山階鳥類研究所の職員はどうしているのでしょうか?あるいは生態調査のために鳥を捕まえている大学の研究者はどうでしょう?また、弱った鳥を保護するのは法律に触れないのでしょうか?巣の中の卵やヒナは触ってもいいのでしょうか?

今回のトークではこういった、鳥に関わる人に知っておいて欲しい法律について解説してもらいます。

第59回「鳥にまつわる法律のハナシ」
【講師】千田万里子 山階鳥研保全研究室専門員
【日程】7月9日(土)
【時間】13時30分~ ※30分のテーマトーク終了後、質疑応答の時間あり
【場所】我孫子市鳥の博物館 2階多目的ホール
→ 交通案内(外部サイト)
【参加費】無料(入館料が必要です)
【定員】先着50名
【主催・問い合わせ先】
山階鳥類研究所(TEL. 04-7182-1101)、我孫子市鳥の博物館(TEL. 04-7185-2212)

※ 山階鳥類研究所のイベント情報はこちらです。
※ 写真は調査研究目的の許可を得て巣から取り出したモズの卵です。

上田恵介博士に山階賞/アホウドリ小笠原の聟島と嫁島で初めて繁殖成功/下村兼史の写真展を2018年に開催/「山階鳥研NEWS」7月号


news_1607_s山階鳥類研究所の広報紙「山階鳥研NEWS」7月号の内容紹介です。

冒頭では先日、報道発表を行った、上田恵介・立教大学名誉教授への第19回山階芳麿賞の贈呈決定にかんして、プロフィールや贈呈理由を掲載しました。こちらも報道発表を行ったニュースですが、アホウドリの、昨秋からこの春にかけての繁殖期に、伊豆諸島鳥島と小笠原諸島でどんな動きがあったかをご報告しました。さらに、昨年度、平成27年度の寄附金、賛助会費収入および賛助会員数について簡単にまとめました。

鳥にまつわる言葉を紹介する小コラム「とりのことば」、今号は「嘴(くちばし)が黄色い」です。

「山階鳥研NEWS」2016年7月号 目次
1面 表紙写真(カルガモ)
2面 山階芳麿賞の贈呈理由 選考委員長 林良博
3面  「平成28年度熊本地震」で被災された皆様へ/アホウドリ小笠原諸島の聟島と嫁島で初めて繁殖
4面  アホウドリ鳥島のヒナは468羽/下村兼史の写真展を2018年秋に開催します
5面  科学研究費補助金研究成果発表会開催/岡奈理子上席研究員が伊豆諸島御蔵島でのオオミズナギドリの研究保護活動の功績で表彰
6面  平成27年度決算報告/平成27年度寄附金・賛助会費収入及び会員数のご報告/鳥類標本製作技術講習会を今年も開催
7面  中学生の訪問学習/世界ふしぎ発見!で標本など紹介/出口研究員がFMラジオ出演/建築の展覧会にアホウドリのデコイ展示/テーマトーク
8面  事務局から(賛助会員・ご寄付、一斉休業のおしらせ)/とりのことば

「山階鳥研NEWS」は、山階鳥研の活動や、鳥学研究や鳥の話題をやさしく紹介するニュースレターです。賛助会員に入会いただきますと、隔月でお送りいたします。

※賛助会員のご入会は「ご支援のお願い」をご覧ください。
山階鳥研NEWSのこれまでの号の目次はこちらです。

カレドニアガラスのくちばし/フクロウの子育て/文部科学省科学研究費補助金(特定奨励費)/岡・上席研究員が表彰/「山階鳥研NEWS」5月号


news_1605_s山階鳥類研究所の広報紙「山階鳥研NEWS」5月号の内容紹介です。

冒頭の「カレドニアガラスの嘴」は、山崎剛史研究員が加わっておこなった、道具を使うカレドニアガラスの嘴についての興味深い研究の解説です。2ページでは、我孫子市鳥の博物館で、我孫子市内の山林にカメラ付きの巣箱をかけて観察しているフクロウの話題について、同博物館の村松さんに寄稿してもらいました。3ページめは、山階鳥研が2015年度から受けている、文部科学省科学研究費(特定奨励費)「日本最大の鳥学関連資料群の維持管理・拡充・公開に関する研究事業」のあらましを紹介しました。

鳥にまつわる言葉を紹介する小コラム「とりのことば」、今号は「ウグイス嬢」です。

「山階鳥研NEWS」2016年5月号 目次
1面 表紙写真(セイタカシギ)
2面 カレドニアガラスの嘴 道具を使いやすい特殊な形に進化していることを発見/山階鳥研共催企画展「生き物に学び、くらしに生かすー博物館とバイオミメティクス」国立科学博物館で開催中
3面  巣箱観察にみるフクロウの子育て 我孫子市鳥の博物館学芸員
村松和行
4面  文部科学省科学研究費補助金(特定奨励費)「日本最大の鳥学関連資料群の維持管理・拡充・公開に関する研究事業」紹介
5面  科学研究費補助金研究成果発表会開催/岡奈理子上席研究員が伊豆諸島御蔵島でのオオミズナギドリの研究保護活動の功績で表彰
6面  平成28年度事業計画と収支予算
7面  東日本地区賛助会員の集い/山階鳥類学雑誌第47巻2号No.134目次/Enjoy手賀沼!バードウィーク手賀沼探鳥会/オープンフォレストin松戸/テーマトーク
8面  事務局から(賛助会員・ご寄付/山階武彦助成事業助成対象者/表紙写真応募御礼)/とりのことば

「山階鳥研NEWS」は、山階鳥研の活動や、鳥学研究や鳥の話題をやさしく紹介するニュースレターです。賛助会員に入会いただきますと、隔月でお送りいたします。

※賛助会員のご入会は「ご支援のお願い」をご覧ください。
山階鳥研NEWSのこれまでの号の目次はこちらです。

第19回山階芳麿賞を、上田恵介・立教大学名誉教授に贈呈することを決定しました


上田恵介氏03b日本の鳥類の研究または鳥類保護に関して特に顕著な功績のあった個人または団体に贈られる山階芳麿賞の第19回の賞を、上田恵介・立教大学名誉教授に贈呈することを決定しました。

今回の贈呈決定は、上田氏が、鳥類の行動生態学の分野の多岐に亘るテーマで、野外観察や野外実験などのフィールドワークを中心として行った研究により顕著な成果をあげ、後進の育成、普及啓発にも貢献された幅広い功績が、山階芳麿賞選考委員会により評価されたものです。

プレスリリースはこちらです。
山階芳麿賞について・歴代受賞者はこちらです。

賞の贈呈は、7 月13 日(水)に山階鳥類研究所の東日本地区賛助会員の集いにおいて行います。さらに、山階芳麿賞の記念シンポジウムを、9月24日(土)に東京大学弥生講堂(東京都文京区)で行います。記念シンポジウムについてはリリース資料にも記していますが、詳細が決定しましたら改めてご案内いたします。

6月のテーマトークは「オオミズナギドリの持ち時間ーノネコが激増する世界最大繁殖島・御蔵島の今ー」(6月11日(土))です


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関東では鳥たちが繁殖のまっさかりで、あちこちでいろいろな鳥の巣立ちビナが見られますが、皆様のお近くではいかがでしょうか?

山階鳥類研究所の所員が我孫子市鳥の博物館でトークをする、第2土曜日恒例の「テーマトーク」、今月は、6月11日(土)の開催です。岡奈理子・自然誌研究室上席研究員に、オオミズナギドリの最大の繁殖地御蔵島でのオオミズナギドリの生態と保全について話してもらいます。

ミズナギドリ類といってもなじみのない方が多いかもしれません。この仲間は繁殖期以外は陸に戻ることなく、ずっと海上で過ごしている生粋の海鳥です(カモメ類を海の鳥と思われている方が多いかもしれませんが、カモメ類はむしろ陸に近い場所の鳥で、生粋の海鳥の座はミズナギドリ類に譲ります)。そういった海鳥であるミズナギドリ類も子育ては陸でするしかなく、東アジアの海だけに棲息するオオミズナギドリは、日本、朝鮮半島、中国沿岸の島々で子育てをします。

そのオオミズナギドリの世界最大の繁殖地が、伊豆諸島の御蔵島で、1970年代にはその数は175〜350万羽と推定されていました。ところが近年、その数が激減しており、その原因として現在、同島に推定500頭いるとされる「ノネコ」による食害があることが指摘されています。「ノネコ」は人間が持ち込んだネコが野外で繁殖して、野生になってしまったものです。

今回のトークではオオミズナギドリの繁殖期の生態と、ノネコの捕食から世界的に貴重なオオミズナギドリの大繁殖地を守るために岡主任研究員もかかわって行っている取り組みについて紹介してもらいます。

第58回「オオミズナギドリの持ち時間ーノネコが激増する世界最大繁殖島・御蔵島の今ー」
【日程】2016年6月11日(土)
【講師】岡奈理子(山階鳥研自然誌研究室・上席研究員)

【時間】13時30分~ ※30分のテーマトーク終了後、質疑応答の時間あり
【場所】我孫子市鳥の博物館 2階多目的ホール → 交通案内(外部サイト)
【参加費】無料(入館料が必要です)
【定員】先着50名
【主催・問い合わせ先】
山階鳥類研究所(TEL. 04-7182-1101)、我孫子市鳥の博物館(TEL. 04-7185-2212)

※ 山階鳥研サイトの関連記事「オオミズナギドリの繁殖地ノネコ里親プロジェクト」についてはこちらをご覧ください。
※ 山階鳥類研究所のイベント情報はこちらです。

日本経済新聞文化面にアート紹介コラム「鳥へのまなざし 十選」を連載中です


tori_heno_manazashi04

日本経済新聞の朝刊文化面(最終ページ)のアート紹介コラム「十選」は、一人の人が特定のテーマで美術作品を1日1点、合計で10点紹介するものです。

5月20日(金)から自然誌研究室専門員の平岡が、「鳥へのまなざし 十選」というテーマで、この欄の記事を担当しています。

掲載は月火木金、つまり土日と水曜日はお休みで、10回です。

お楽しみいただければ幸いです。

【訂正】5月30日付けの「鳥へのまなざし 十選」第6回「ロジャー・ピーターソン『フィールド・ガイド』シリーズ」の図版「北アメリカ西部のフィールド・ガイド」の出版年が1934年とあるのは、校正ミスで、正しくは1961年です。訂正してお詫びいたします。なお、本文中の、北米東部のフィールド・ガイドの出版年が1934年という点には誤りはありません。

アホウドリの再導入プロジェクトを進めている小笠原の、聟島と嫁島でそれぞれ初めて繁殖が成功しました


聟島のヒナ(2)_山階鳥研提供_ブログ用アホウドリの再導入プロジェクトを進めている小笠原の、聟島で、この1月に孵化が確認されていたヒナの巣立ちがこの5月に確認されました。また嫁島でも巣立ち直前のヒナが観察されました。このことについて、本日、環境省・東京都と同時発表の形で報道発表を行いました。

小笠原諸島では2014年5月に媒島(なこうどじま)でヒナが確認されており、今回の確認で、戦後はアホウドリの繁殖がなかった小笠原諸島での、このプロジェクト開始後のアホウドリの繁殖成功は3例となりました。

プレスリリース(2016年5月23日付け)

このプロジェクトは(公財)山階鳥類研究所が、環境省、東京都、米国魚類野生生物局、三井物産環境基金、公益信託サントリー世界愛鳥基金等の支援をえて実施しているものです。

※ 聟島でのアホウドリのつがい(ユキとイチロー)の卵の孵化のニュースはこちらをご覧ください。
※ 山階鳥類研究所「アホウドリ復活への展望」(アホウドリ最新ニュース)はこちらです

※ 画像は巣立ちして聟島の海上を泳ぐアホウドリのヒナです(2016年5月14日撮影)