小鳥類の渡り生態解明の新たな方法/コアホウドリがメキシコの島から飛来/アホウドリに2種が含まれることが判明 ほか「山階鳥研NEWS」3月号

山階鳥類研究所の広報紙「山階鳥研NEWS」2021年3月号(No.294)が発行されました。

巻頭では尾崎副所長による解説。足環やジオロケータなど従来行われてきた手法に、新たな手法を組み合わせて、小鳥類の渡り生態の解明を試みる研究について。

昨年3月に茨城県の海岸で死体拾得されたコアホウドリ。この個体が放鳥されたメキシコで標識調査に従事している研究者に、現地のコアホウドリの現状について寄稿してもらいました。(6ページには解説記事も。)

続いてエッセイを1本。山階鳥研で標本製作に携わっている東京芸大大学院の小山晋平さんによる、美術解剖学という学問と山階鳥研での仕事について。

その他、山階鳥研や北大の研究グループが発表した論文「アホウドリに2種が含まれる」の解説、モーリシャス沿岸で昨年7月に起きた油流出事故の緊急援助隊に、保全研究室の水田室長が参加した話題など。

巻末の「鳥のモニュメント」は、横浜港のにぎわい「かもめの水兵さん」(神奈川県横浜市)です。また、イベント情報などもお届けしました。(賛助会員で、広報誌を購読してくださっている方々には令和2年度会員名簿もお送りしました。)

「山階鳥研NEWS」2021年3月号(第294号) 目次
1面
表紙写真(ニシオジロビタキ)賛助会員 西村眞一
2面 小鳥類の渡り生態を解明する新たな方法 副所長 上席研究員 尾崎清明
3面 メキシコのグアダルーペ島生物圏保護区におけるコアホウドリの現状 J. C. エルナンデス・モントーヤ 他
4面 美術と解剖 標本製作アルバイトに従事して/所員の著書番外編 東京芸術大学大学院 非常勤講師 小山晋平
5面 アホウドリに2種が含まれることが判明 伊豆諸島の「アホウドリ」と尖閣諸島の「センカクアホウドリ」別種としての保全が必要に
6面 コアホウドリがメキシコから飛来/モーリシャスの緊急援助隊に参加
7面 2020年我孫子市鳥の博物館開館30周年/ジャパンバードフェスティバル2020オンライン開催/山階鳥類学雑誌目次
8面 テーマトーク/事務局から(賛助会員・ご寄附)/訃報/鳥のモニュメント/編集後記

「山階鳥研NEWS」は、山階鳥研の活動や、鳥学研究や鳥の話題をやさしく紹介するニュースレターです。賛助会員に入会いただきますと、隔月でお送りいたします。
※ 賛助会員のご入会は「ご支援のお願い」をご覧ください。
山階鳥研NEWSのこれまでの号の目次はこちらです。

こちらも合わせてごらんください。
山階鳥研ウェブサイト イベント情報ページ

山階鳥類学雑誌(第52巻第2号)をご紹介します。

山階鳥類研究所の学術雑誌「山階鳥類学雑誌」は年に2冊の発行です。2020年12月15日付けで発行された、2020(令和2)年度の第2号についてご紹介します。

● 原著論文
Whitworth, D.L.・ Carter, H.R.・中村 豊・武石全慈・大槻都子: 宮崎県枇榔島におけるカンムリウミスズメ Synthliboramphus wumizusume の孵化成功率と捕食(英文) pp.63‒82
江崎保男・田悟和巳: 吉野川のミサゴ ~繁殖と採餌生態~ pp.83-97

● 短報
大槻都子・Whitworth, D.L.・Parker, M.W.・箕輪義隆・中村 豊・吉本竹宏:宮崎県小枇榔におけるカンムリウミスズメの繁殖の確認(英文) pp.99-104
福田道雄: 大正時代の浅草花屋敷に来たペンギン pp.105-112
黒木知美・鶴見みや古・長堀正行: 日本産,朝鮮半島産,および中国陜西省からの提供個体を始祖とする日本産トキに共生するウモウダニ種構成の比較 pp.113-123

● 報告
山本美枝: 長崎県福江島におけるカンムリオウチュウの記録 pp.124-128
正富欣之・森竹 祐: 北海道における野生タンチョウの鳴き合い行動の開始年齢に関する観察記録 pp.129-132
倉沢康大・安部亮佑・西沢文吾: 北海道近海におけるアシナガウミツバメ Oceanites oceanicus の記録 pp.133-137
山崎剛史・亀谷辰朗: 鳥類の目と科の新しい和名(2)鳴禽類 pp.138-143
中原 亨・江頭幸士郎: 男女群島におけるヤイロチョウの初記録 pp.144-146

● 回想録 pp.147-151
● 誌碑 pp.152-156
● 投稿論文査読者一覧 p.157
● 投稿される方へ pp.158-162
● 投稿される方へ(英文)pp.163-167

<編集長 綿貫豊北海道大学水産科学研究院教授の編集後記から>
原著2編短報3編報告5編とそれぞれに充実した号となりました。内容も海鳥と陸鳥、生態と寄生虫、飼育の歴史、観察記録なとバラエテイーがあります。山階鳥類学雑誌はこうした多様な原稿を歓迎します。様々なタイプの「報告」を投稿しやすくなるようなスタイルを検討しております。さて、今年から、受理された論文のうち毎年1~2編特筆すべきものを編集長が選び紹介することとしました。このEditor’s Choice論文には出版後直ちに自由にダウンロードできるようになるという特典があります。今年は 江崎・田悟両氏によります、「占野川のミサゴ」です。下流域全ての個体の繁殖と餌や採食場所を、直接観察により丁寧に調べたもので、堤の下流や河口が主たる狩場となっていること、それが営巣場所にも関係していそうなことを明らかにしています。

*「山階鳥類学雑誌」は、鳥類の研究論文を掲載する学術雑誌です。1952年に「山階鳥類研究所研究報告」のタイトルで創刊され、2003年に現在の誌名に改めました。山階鳥研の研究論文を掲載するとともに、所外の研究者の研究発表の場としても貢献しています。
賛助会員に入会され、「山階鳥類学雑誌」を購読するコースを希望された方にお送りしています(そのほかに広報紙「山階鳥研NEWS」を購読するコースもあります)。
※ 山階鳥類学雑誌の解説はこちらです。
※ 山階鳥類学雑誌の目次(1992年以降)はこちらです。
※ 山階鳥類学雑誌掲載論文のPDFはこちらです。
※ 賛助会員のご案内はこちらです。

献本ありがとうございます『見わけがすぐつく野鳥図鑑』『日本鳥類図譜』『つれてこられただけなのに〜外来生物の言い分をきく〜』『岩波科学ライブラリー298 電柱鳥類学 スズメはどこに止まってる?』『講談社の動く図鑑 MOVE mini 鳥』

出版社または著者から紹介のご依頼があったり、資料提供などお手伝いのお礼その他の理由で、広報にお送りいただいた書籍です。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。ご紹介が遅れましたこと、おわび申し上げます。

小宮輝之(監)
『見わけがすぐつく野鳥図鑑』
成美堂出版, 東京. (2020年5月20日発行, 336ページ. 1,100円+税. ISBN-978-4-415-32608-5)
→ 版元ページはこちら

久保敬親(写)樋口広芳(監)柴田佳秀(著)
『日本鳥類図譜』
山と渓谷社, 東京. (2020年7月1日発行, 304ページ. 4,200円+税. ISBN-978-4-635-06291-6)
→ 版元ページはこちら

小宮輝之(監)有沢重雄(構成・文)今井桂三ほか(絵)
『つれてこられただけなのに〜外来生物の言い分をきく〜』
偕成社, 東京. (2020年7月6日発行, 119ページ. 1,000円+税. ISBN-978-4-03-528590-8)
→ 版元ページはこちら

三上修(著)
『岩波科学ライブラリー298 電柱鳥類学 スズメはどこに止まってる?』
岩波書店, 東京. (2020年11月25日発行, 126ページ. 1300円+税. ISBN-978-4-00-029698-4)
→ 版元ページはこちら

川上和人(監)
『講談社の動く図鑑 MOVE mini 鳥』
講談社, 東京. (2020年12月2日発行, 208ページ. 980円+税. ISBN-978-4-06-521386-5)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます『ライチョウを絶滅から救え』『鳥肉以上、鳥学未満。ーHuman Chicken Interface』『#chain + peace』『日本の渡り鳥観察ガイド』『岩波科学ライブラリー294 追いつめられる海』

出版社または著者から紹介のご依頼があったり、資料提供などお手伝いのお礼その他の理由で、広報にお送りいただいた書籍です。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。ご紹介が遅れましたこと、おわび申し上げます。

国松俊秀(著)・中村浩志(協力)
『ライチョウを絶滅から救え』
小峰書店, 東京. (2018年12月25日発行, 175ページ. 1,500円+税. ISBN-978-4-338-32101-3)
→ 版元ページはこちら

川上和人(著)
『鳥肉以上、鳥学未満。ーHuman Chicken Interface』
岩波書店, 東京. (2019年2月19日発行, 194ページ. 1,500円+税. ISBN-978-4-00-006317-3)
→ 版元ページはこちら

東慎一郎(文・絵)
『#chain + peace』
東慎一郎, 鹿児島. (2019年3月31日発行, 119ページ.)

先崎理之・梅垣佑介・小田谷嘉弥・先崎啓究・高木慎介・西沢文吾・原星一(著)
『日本の渡り鳥観察ガイド』
文一総合出版, 東京. (2019年5月17日発行, 128ページ. 2,800円+税. ISBN-978-4-8299-7508-4)
→ 版元ページはこちら

井田徹治(著)
『岩波科学ライブラリー294 追いつめられる海』
岩波書店, 東京. (2020年4月9日発行, 166ページ. 1,500円+税. ISBN-978-4-00-029694-6)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます『オーストラリア ケアンズ探鳥図鑑』『プロペラちどり』『ライチョウを絶滅から守る!』『鳥類の生活史と環境適応』『講談社の動く図鑑MOVE世界遺産』

出版社または著者から紹介の依頼を付すなどして、広報にお送りいただいた書籍です。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。ご紹介が遅れましたこと、おわび申し上げます。

松井淳(著)
『オーストラリア ケアンズ探鳥図鑑』
文一総合出版, 東京. (2018年1月31日発行, 352ページ. 5,000円+税. ISBN-978-4-8299-8811-4)
→ 版元ページはこちら

U-suke(作・絵)
『プロペラちどり』
フレーベル館, 東京. (2018年8月1日発行, 32ページ. 1,250円+税. ISBN-978-4-577-60003-0)
→ 版元ページはこちら

中村浩志・小林篤(著)
『ライチョウを絶滅から守る!』
しなのき書房, 長野. (2018年9月8日発行, 276ページ. 1,800円+税. ISBN-978-4-903002-58-3)
→ 版元ページはこちら

江口和洋・高木昌興(編著)
『鳥類の生活史と環境適応』
北海道大学出版会, 札幌. (2018年10月10日発行, 288ページ. 3,200円+税. ISBN-978-4-8329-8230-7)
→ 版元ページはこちら

高木秀雄(監)・西谷大(監)
『講談社の動く図鑑MOVE世界遺産』
講談社, 東京. (2018年11月26日発行, 200ページ. 2,000円+税. ISBN-978-4-06-513763-5)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます『Extinct Birds of Hawai’i』『庭の小鳥』『動物園ではたらく』『身近な鳥のすごい事典』

出版社または著者から紹介のご依頼があったり、資料提供などお手伝いのお礼その他の理由で、広報にお送りいただいた書籍です。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。ご紹介が遅れましたこと、おわび申し上げます。

Michael Walther(文)・Julian P. Hume(画)
『Extinct Birds of Hawai’i』
Mutual Publishing, Hawaii. (2016年3月1日発行, 256ページ. $21.95+税. ISBN-978-1939487-61-2)
→ 版元ページはこちら

中西貴美子(写真・文)
『庭の小鳥』
淡交社, 京都. (2017年1月5日発行, 104ページ. 3,400円+税. ISBN-978-4-473-04164-7)
→ 版元ページはこちら

小宮輝之(著)
『動物園ではたらく』
イースト・プレス, 東京. (2017年11月20日発行, 272ページ. 880円+税. ISBN-978-4-7816-8035-4)
→ 版元ページはこちら

細川博昭(著)
『身近な鳥のすごい事典』
イースト・プレス, 東京. (2018年1月20日発行, 208ページ. 880円+税. ISBN-978-4-7816-8038-5)
→ 版元ページはこちら

明けましておめでとうございます

皆様、明けましておめでとうございます。昨年は新型コロナウイルス感染症の流行で社会全体が大変な困難に直面しましたが、そんな中でも、多くの皆様に山階鳥類研究所の活動にご理解とご支援をいただきました。大変ありがとうございました。またブログやSNSも閲覧していただきありがとうございます。山階鳥類研究所ウェブサイトに、壬生基博理事長の新年のご挨拶を掲載いたしました。

感染症の収束が見通せない中の新年となりましたが、本年も引き続き山階鳥類研究所へのご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。ブログ、facebooktwitterも引き続きよろしくお願いいたします。

※ 画像はカワセミです。全国の河川、湖沼、湿地、小川、用水路などの水辺に生息し、主に小魚を捕食します。高度成長期には各地の水辺から姿を消しましたが、ここ数十年ほどの間に戻ってきて、古い資料から読み取れるような、ありふれた水辺の点景の位置を再び占めつつあるように見えるのはうれしいことです。

祝・我孫子市鳥の博物館開館30周年(2)

開館式のテープカット(1990年5月20日)

2020年もすっかり押し詰まってしまいましたが、今年は我孫子市鳥の博物館の開館30周年の記念の年でした。ここでは山階鳥研広報担当で保管している画像から、鳥の博物館開館前後の画像をご紹介します。

我孫子市鳥の博物館は、1984年に山階鳥研が東京都渋谷区から移転してきたことをきっかけに建設されたものです。もともとは山階鳥研の標本を展示する施設として構想されていましたが、後に独立した市の博物館の形に構想が変わりました。山階鳥研ではその構想策定や建設にあたって広範な協力をし、初代館長は所長の黒田長久が兼務しています。

都内からの移転先を探していた山階鳥研を誘致した我孫子市には、当時、市内の手賀沼が水質汚濁の全国の湖沼ワースト一位の記録を1974年から更新し続けていたという背景がありました。山階鳥研の誘致によって市民の環境意識を高めたいという意図があったことが当時の資料に書かれています。そして、山階鳥研の誘致をうけて、普及的な施設として鳥の博物館が建設されたのです。鳥の博物館と山階鳥研はそれ以来、現在に至るまで、各種の共催行事をはじめとして、相互に協力関係を保ちながら活動しています。

写真上は、1990年5月20日に行われた開館式のテープカットのようすです。向かって右から、黒田長久山階鳥研所長、浅野長愛山階鳥研理事長、沼田武千葉県知事(代理)、保利耕輔文部大臣(代理)、大井一雄我孫子市長、佐々木豊治我孫子市議会議長、足立俊領我孫子市教育委員長(いずれも肩書きは当時)という人たちがテープカットに臨んでいるのがご覧いただけます。

写真下は、鳥の博物館の建設現場のようすです(1989年頃)。

建設中の我孫子市鳥の博物館(1989年頃)

現在、開館30周年特別展示「日本の鳥」が開催されています。1月31日(日)までの開催ですが、年末年始は休館日がありますので、我孫子市鳥の博物館のウェブサイトでご確認の上お出かけください。

祝・我孫子市鳥の博物館開館30周年!

開館30周年特別展示「日本の鳥」を開催中の我孫子市鳥の博物館

2020年もすっかり押し詰まってしまいましたが、今年は、山階鳥研の隣接地に建つ、我孫子市鳥の博物館の開館30周年の記念の年でした。

新型コロナウイルス感染症流行のために、もろもろのにぎにぎしいお祝いがなかったのは残念ですが、同博物館では、現在、開館30周年特別展示 として、2021年1月31日(日)までの日程で、企画展「日本の鳥」を開催しています。

同博物館では、開館以来、日本産鳥類全種の剥製標本の収集を目標に資料収集を進めてきており、現在までに日本産鳥類633種の6割ほどにあたる385種の標本を収蔵しています。今回の特別展示は、これらの標本をできるだけ多く展示するという企画で、できのよい本剝製標本で、日本の鳥の多様性を実感していただけます。

ノガン、タンチョウ、ナベヅル、マナヅルなど。左下隅ちかくにはヤンバルクイナも
ノスリ(左)とサシバ、良い顔してます。

感染に十分注意されてご来館ください。年末年始は休館日がありますので、我孫子市鳥の博物館のウェブサイトでご確認の上お出かけください。