投稿者「山階鳥研ウェブ担当」のアーカイブ

組織再編/勤め始めた頃の山階鳥類研究所/全国鳥類繁殖分布調査完了ほか「山階鳥研NEWS」2022年3月号

山階鳥類研究所の広報紙「山階鳥研NEWS」2022年3月号(No.300)が発行されました。

山階鳥研は本年1月付けで組織再編を行いました。新しい組織図と共に今後の業務体制について冒頭でご紹介しています。

続いて読み物を2本。まずは創立90周年記念企画として元職員の真野徹さんに「勤め始めた頃の山階鳥類研究所」と題して、鳥類標識調査に携わるようになったいきさつや、山階鳥研の当時の思い出などをお話いただきました。

続いては、「全国鳥類繁殖分布調査」の完了を受け、この調査の事務局をされたバードリサーチの代表、植田睦之さんに調査の趣旨やいきさつ、結果のあらましについてご紹介いただきました。

巻末の「鳥のモニュメント」は、「広大な干潟の記憶 千鳥塚」(愛知県名古屋市)。その他、山階鳥研の地元にある手賀沼のコブハクチョウ調査について、山階鳥研の社会貢献活動、寄附金・賛助会員のご報告、イベント告知・報告なども掲載しました。

その他、賛助会員の皆様には、「令和3年度会員名簿」とご寄附をいただいた方の名簿をお送りしています。今後も山階鳥研と山階鳥研NEWSに引き続きのご支援をお願いいたします。

「山階鳥研NEWS」2022年3月号(第300号) 目次
1面
 表紙写真(ハジロカイツブリ) 賛助会員 内藤健晴氏
2面 組織再編/ジャパンバードフェスティバル2021報告/我孫子野鳥を守る会50周年記念写真展告知
3面 創立90周年記念企画「勤め始めた頃の山階鳥類研究所」山階鳥研 元職員 真野徹
4-5面
 「バードウォッチャーの力で描いた日本の繁殖鳥全種の分布図〜全国鳥類繁殖分布調査無事完了〜」 認定NPO法人 バードリサーチ 代表 植田睦之
5面 創立90周年記念企画 南平台の山階鳥類研究所の思い出 元横浜市立大学教授・元人間総合科学大学教授/NGO「東京湾の環境をよくするために行動する会」理事長 林 縝治
6面 手賀沼のコブハクチョウの標識調査/山階鳥類学雑誌
7面 山階鳥研職員の大学実習担当/インターン受け入れ/小学校の調べ学習/「絶滅動物博士ちゃん」文部科学大臣賞受賞
8面 テーマトーク/訂正/訃報/鳥のモニュメント/事務局から(賛助会員・ご寄附)/編集後記

「山階鳥研NEWS」は、山階鳥研の活動や、鳥学研究や鳥の話題をやさしく紹介するニュースレターです。賛助会員に入会いただきますと、隔月でお送りいたします。
* 賛助会員のご入会は「ご支援のお願い」をご覧ください。
* 山階鳥研NEWSのこれまでの号の目次はこちらです。

こちらも合わせてごらんください。
山階鳥研ウェブサイト イベント情報ページ

献本ありがとうございます。『野鳥撮影記 Description of Wildbird photography』

著者から広報にお送りいただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

野鳥撮影記

私市一康(著)
『野鳥撮影記 Description of Wildbird photography』

ナチュラリー, 札幌. (2021年12月25日発行, 144ページ. 3,850円 (本体:3,500円). ISBN-978-49910736-2-5)
→ 版元ページはこちら

ご挨拶(創立90周年・年頭)/無人島長平とアホウドリ/南平台の山階鳥類研究所 ほか「山階鳥研NEWS」2022年1月号

山階鳥類研究所の広報紙「山階鳥研NEWS」2022年1月号(No.299)が発行されました。

2022年は、山階鳥研の前身「山階家鳥類標本館」の設立(1932)から数えてちょうど90年の節目にあたります。理事長 壬生基博と、所長 奥野卓司のご挨拶を冒頭に掲載しました。

続いて読み物を2本。まずは山階鳥研をご支援くださっている賛助会員の門脇位明さんに、江戸時代の鳥島に漂着して生還した「無人島長平」についてご紹介いただきました。

続いては、設立90周年を記念した特別企画です。1950年代当時、東京渋谷の南平台にあった山階鳥研に、昆虫好きの中学生が通っていました。その頃の思い出を、現在は東京湾の保全活動に携わっている林縝治さんにお願いしました。

巻末の「鳥のモニュメント」は、「コタンの守り神 イウォルン パセ カムイ」(北海道札幌市)。寄附金・賛助会員のご報告、所員の著書やイベント告知・報告なども掲載しました。

本年も山階鳥研NEWSをどうぞよろしくお願いいたします。

「山階鳥研NEWS」2022年1月号(第299号) 目次
1面
 表紙写真(ウソ) 賛助会員 吉田宏彦氏
2面 創立90周年に寄せて 理事長 壬生基博
3面 明けましておめでとうございます 所長 奥野卓司
4面
 「無人島長平」とアホウドリ 賛助会員 門脇位明
5面 創立90周年記念企画 南平台の山階鳥類研究所の思い出 元横浜市立大学教授・元人間総合科学大学教授/NGO「東京湾の環境をよくするために行動する会」理事長
林 縝治
6面 第6回コウノトリ未来・国際かいぎ/山階武彦助成事業
7面 バンディングのパンフレット/科博企画展/京都市動物園連携企画/福島潟シンポジウム/オオトラツグミのシンポジウム/足立区連携講座
8面 テーマトーク/井頭公園市民探鳥会/鳥のモニュメント/事務局から(賛助会員・ご寄附)/編集後記

「山階鳥研NEWS」は、山階鳥研の活動や、鳥学研究や鳥の話題をやさしく紹介するニュースレターです。賛助会員に入会いただきますと、隔月でお送りいたします。
* 賛助会員のご入会は「ご支援のお願い」をご覧ください。
* 山階鳥研NEWSのこれまでの号の目次はこちらです。

こちらも合わせてごらんください。
山階鳥研ウェブサイト イベント情報ページ

献本ありがとうございます。『ハクセキレイの よる』

作者から広報にお送りいただきました。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

とうごうなりさ(作)
『ちいさなかがくのとも 2022年2月号 ハクセキレイの よる』

福音館書店, 東京. (2022年12月20日発行, 24ページ. 440円 (本体:400円). 雑誌0615-2)
→ 版元ページはこちら
→ 作者のブログはこちら

献本ありがとうございます。『人と動物の日本史図鑑 ③江戸時代』

出版社を通じて著者から広報にお送りいただきました。この書籍には山階鳥研が提供したカンムリツクシガモの剥製の写真が掲載されています。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

小宮輝之(著)
『人と動物の日本史図鑑 ③江戸時代』

少年写真新聞社, 東京. (2021年12月20日発行, 48ページ. 2,750円 (本体:2,500円). ISBN-978-4-87981-745-7)
→ 版元ページはこちら

献本ありがとうございます。『イラスト図解 鳥になるのはどんな感じ?』

出版社を通じて監訳者から広報にお送りいただいた書籍です。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

デビッド・アレン・シブリー David Allen Sibley(著)川上和人(監)嶋田 香(訳)
『イラスト図解 鳥になるのはどんな感じ? 』

羊土社, 東京. (2021年12月9日発行, 240ページ. 3,740円 (本体:3,400円). ISBN-978-4-7581-2115-6)
→ 版元ページはこちら

平岡専門員と森本研究員が分担執筆した『ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ』が出版されました。

所員の著書をご紹介します。

「冬の平地で出会いたい3大小鳥」(本書の記事による)というジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキについて、基礎知識とともに、最新の知見に基づいた生態や、観察・撮影の楽しみまでを紹介したムックです。平岡考 専門員が「ヒタキ科」の分類の変遷についての章を、森本元 研究員が鳥類の垂直分布についての章とルリビタキの羽色変化についての章を担当しました。

是非書店でお求めください。各販売サイトでもご購入いただけます。

<書籍情報>
書名: BIRDER SPECIAL ジョウビタキ・ルリビタキ・オジロビタキ
編集:BIRDER編集部
発行:文一総合出版 版元サイト
判型/頁:B5判/80頁
発行日:2021年12月8日

*山階鳥研ウェブサイト「所員の著書」ページもあわせてご覧ください。 → こちら

鶴見コレクションディレクターと森本研究員が分担執筆した『日本野鳥の会のとっておきの野鳥の授業』が発行されました。

所員の著書をご紹介します。

日本野鳥の会が発行している会員向け雑誌「野鳥」から近年の記事をベースにして、約20編の幅広い話題が掲載された1冊です。 様々な分野の研究者十数名が分担執筆しています。山階鳥類研究所からは、鶴見みや古 コレクションディレクターが鳥の巣に寄生するダニについての章、森本元 研究員が鳥の羽の色に関する章を担当しています。

是非書店でお求めください。各販売サイトでもご購入いただけます。

<書籍情報>
書名: 日本野鳥の会のとっておきの野鳥の授業
編集:日本野鳥の会
監修:上田 恵介
発行:山と溪谷社 版元サイト
判型/頁:A5判/216頁
発行日:2021年12月1日

*山階鳥研ウェブサイト「所員の著書」ページもあわせてご覧ください。 → こちら

染色体学会の創立70周年記念事業として刊行された、「Chromosome Science」特別号に、山階鳥研の所員が山階芳麿博士についての紹介記事を執筆しました。

2019年の(一財)染色体学会の創立70周年記念事業として、同学会の発展に貢献した研究者や、染色体関連への貢献が大きく、日本の染色体研究史上、忘れられない研究者を紹介した、同学会の学術雑誌 ”Chromosome Science” の特別号が2020年に刊行されました。この中で、山階鳥研の創立者の山階芳麿博士について執筆依頼を受け、山崎剛史研究員と平岡考専門員が2ページの紹介記事を執筆しました。

<書籍情報>
書名: Chromosome Science, vol. 23, issue 1-4.
発行:(一財)染色体学会(公式サイト
判型/頁:A4判変型/124頁
発行日:2020年

*山階鳥研ウェブサイト「所員の著書」ページもあわせてご覧ください。 → こちら

献本ありがとうございます。『ニュースなカラス、観察奮闘記』

出版社から広報にお送りいただいた書籍です。こちらでご紹介するとともに、書庫に納めて活用いたします。ご寄贈大変ありがとうございました。

樋口広芳(著)
ニュースなカラス、観察奮闘記

文一総合出版, 東京. (2021年11月18日発行, 216ページ. 1,760円 (本体:1,600円). ISBN-978-4-8299-7237-3)
→ 版元ページはこちら